<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
第2回、バーチャルネイル! 
初バーチャルネイルからはや12日。
そろそろ期限の2週間ってことで、先日オフしてまいりました。
専用の接着剤でぴったりくっついてるこの付け爪をどーやってとるんだろうと
最初かなり疑問だったんだけど、今回もまた先に行かれたnegiさんドキドキ付け爪初体験のその後。にて、方法は確認済み。
と、溶かすの?って最初本物の爪まで溶けちゃうんじゃないかと心配でしたが、
とりあえず、付け爪部分のみ溶けてくれました。
超音波の流れる液体の中にずぼっと指をつっこんで待つこと数分。
指先にキズがあると激痛が走るとnegiさんに聞いていたので、とりあえず指先にはキズはないのをチェック。
で、でもね、ピリッ、ひーーってなったのよ。
なんでだろう? ケガはしてないはずなのに。
超音波のせい?
そーいえば、松本清張の「砂の器」では、超音波で殺人までやってのけたからね。
超音波、あなどりがたしですわ。

オフする前に前回もやってもらった担当さんに異常にもちがいいですねと言われました。
これをつけたのをいいことに、ずぼらりーぬに拍車がかかったかとりーぬ。
家事は極力、省エネモード。どーしても水を使うときは、ガーゼの手袋にゴム手を重ねるというのが効を奏したのか、かなり色持ちが良かったようです。
3日に1回くらいトップコート塗るとさらに持ちがいいとのこと。
爪の根本が伸びて近くで見ると不自然になることを気にしなければ、1ヶ月くらいいけちゃうのではと思ったくらい。実際、いるらしいですがね、そういう人も。

とりあえず、溶かしたあと、再度negiさんと同じく、またバーチャル装着してきました。
色持ちもよくて丈夫だし、これをつけとけば自爪も割れないし。
あ、でも不都合なことが2つだけ。
1つは、ソフトコンタクトユーザーの私、ほとんど目を触る状態でコンタクトをはずすのでここまで固く長い爪をしていると目を刺しそうで怖くて、うまくはずせなくなってしまったこと。
これでも、チップの半分くらいカットしてもらっているのだけど、もう少し短くしてもらおうかと検討中。
2つめは、かゆいとこかいても、イマイチ気持ちよくないこと。
ちょっとストレスたまるね、これ。

a0036674_2021584.jpgまあ、この2点以外はとても満足してます。
多分、しばらく付け続けることでしょう。
第2回目は、グラデにしてみました。
水色系でやろうと思ってたんだけど、水色系だときれいにグラデがでないとのこと。
んじゃ、春っぽくグリーンはどう?ってことで、根本は伸びてきてもあまり違和感がでないようにごくごく薄いピンク(前回のフレンチと同じ色)。それに黄緑でグラデを作ってもらって、上にラメをのっけてもらいました。
なんか葉桜っぽいかんじだね〜。

a0036674_2032593.jpg春っぽくていいけど、なんかパンチが足りない。。
フレンチ→グラデときたので、次回はアートあたりで遊んでみようかと思ってます。
(VoCEの3月号についてたネールシート貼ってみたけど、どーもラブリーなのは柄じゃないのではずしちまったよお。)
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-27 20:00 | プラスα
春の新作ファンデお試し〜ジバンシー編
ずいぶん前にもらってたジバンシー新作紹a0036674_21562731.jpg
介のハガキ。今回のファンデーション、変わらずリブ・タイラーがミューズなんだけど、そこに気になる文字が。
「マット」とな。
なんだか、私、マットと言われるとどーしても塗り壁チックを想像してしまうのです。なので、このハガキ見た時点で、今回はご縁がなかったようでと、てんで興味がなかったのです。
雑誌を見ても、磨りガラスって表現されてて、磨りガラスを全く違うものと勘違いしてたかとりーぬ、ますますもって、そんなぼこぼこした質感のものなんかいらねーよ、けっ、とまでのたまう始末。

で、でもね、これが大きな間違いだったのよ。
これ、思いっきり食わず嫌いというか勘違いでした。
たまたま、お買い物に行ったジバンシーにて、BAさんとの話のネタに前作のスキントニックは気に入ってるって話をしてたら、んじゃ、これサンプル入れとくから使ってみてともらったのが新作マットメイトのサンプル。壁塗りに技術を要するがごとく、きっとこれもぺたぺたと職人芸を要求されるんだろうと手にだしてみたら、あらら、なんだか、これめちゃくちゃ水っぽい。
そう、前作スキントニックはクリームファンデだけど、こっちはリキッドファンデーション。
そして、肌に伸ばしてみると、えっ? ってくらいするする〜と伸びていくではないですか!
そして、そこにあったのは塗り壁ではなかった。。。
いいかんじに粗の隠れたナチュラルなお肌でした。
マットだけどポスターカラー的マットさ加減じゃなくて、確かに磨りガラスかな。
光や色味はうすく通すっていうかね。
(やっと、磨りガラスがどーいうものか理解したかとりーぬ)
ナチュラル具合も気に入ったけど、これ乾かないのがポイント。
前作スキントニックはピタッと肌にくっついて、コンシーラーがいらないカバー力が気に入ってたんだけど、このマットメイトの軽さと潤い持続感はこれからやってくる春の気分にぴったし。
す、好きです。そう、私は変わり身の早い女。(笑)
現品買おうっと。(はやっ)

そうそう、これもらった日、買いに行ったのはこれ。
a0036674_22291640.jpgどっから見てもトップコートなんだけど、これ、まつげ用のアクセサリー、ラッシュ・パール
まつげの先にしずくのようにまるーく粒をつくってのっけるもの。これが、つけるのむずかしいの。マスカラ塗ってすぐにつけると、まず失敗します。a0036674_22394158.jpgマスカラは完全に乾いてから。慣れてくるとうまい具合にしずくが作れるそうなんですが、初めて自分でやってみた時は、まつげに糊つけたみたいになってしまいました。。
カウンターではBAさんスクリューブラシを使ってしずく作ってました。
デートの時なんかにいかがですか?って言われたけどね、なんかまつげについてるって言われるのがおちだよな、きっと。
基本的にこーいうおしゃれは男受けよりは女受けするもんだと私は思ってたりする。
私がドルマンスリーブのボレロみたいなの着てたら、会社の女の子にはすごい可愛いと言われたけど、ある男性には「ジュディ・オング?」と言われました。
しょせん男の感性ってこんなもの。
とりあえず、目○ニがついてると勘違いされないよう、ちゃんとしずくが作れるよう精進したいと思います!

p.s.もともと限定品なんだけど、やはり女子受けはいいらしく、売れてるみたい。
完売のカウンターもあるらしいし、私が買った新宿小田急ではあと10個ないって話でした。
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-24 23:03 | メイク
春の新作ファンデお試し〜Z.Bigatti編
新作ファンデの特集が雑誌でもちらほら。
手持ちのファンデはちーっともなくらないけど、新しいのが出ると聞けばだまっちゃいられない。
ということで、まず来月発売予定のZ.Bigattiのファンデ「ファーストイベント」
お試ししてきました。
ビガッティと言えば、毛穴もの
そう、こちらのファンデも「たるみ毛穴を引き締めながら、美しい肌色をキープする」というのがうたい文句のようです。
今日はMAさんに塗ってもらったので、実際質感を手にとって触ってみたわけではないのでほんとのとこはわかんないけど、意外と硬め?なクリームファンデの印象を受けました。
でも、やたらとのびるらしく、普通にワンプッシュした量では多すぎるとか。
力をかげんしながら、半プッシュ。これだけで十分な量だそう。
クリームっぽいかんじに見えたけど、肌にのせてみると重みはまったく感じず。
スキンケア成分も多く含んでいるし、SPFも入ってるので、下地自体もいらないですよって話だったけど、かとりーぬ的にはクリームも下地もべっとり塗って使ってみたいと思った次第。
軽いし、肌も均一になっていいけど、私的には、ちょっとツヤ感足りないのね。
もしかしたら、上から重ねたお粉のせいかも。

仕上がり自体はそこまでかんどーな感じはしなかったんだけど、
MAさんいわく、「これは時間がたってもくずれないし、時間がたった方がきれいになじむんですよ」とのこと。
確かに、崩れないかも。化粧直ししないことが多い私にはいいかもね。
それでも、なぜか¥14,700の威力はまだ感じず。。
予約してみたもののどーしたもんかなと思いつつ、しょんぼり気味にファンデを落としてみたところ、ん!? なんか肌がなめらかではないですか?
そう、ここにきて¥14,700円の威力をやっとこ感じました。
そーいえば、MAさん、このファンデ落とすとまた違いますよ〜とも言ってました。
そう、このファンデ、スキンケアしてくれる ファンデーションのようです。
ただ、一応ファンデなんだからもちっこ塗った時のかんじが衝撃的にきれーって方が
ファンデとしての受けは良いと思うのだけどね。。。

ファンデとしての機能もけっして悪くはないと思うんだけど、あまりにも私の期待が過剰だった感は否めないってのが今日の感想。
もいっこ試した別ブランドの新作ファンデ、こっちが予想外によかったということもあり、
やっぱり使ってみないことにはわかんないものなのね。
こっちのファンデはまた別記事で。

今日はあさって25日発売の LORACの新作グロスがa0036674_21402825.jpg
もう入荷してたので、お試しさせてもらって買ってきました。
グルービーフルーツという名のこのグロス、ぱっと見は結構ポップな色なんだけど、唇にのっけるといいかんじにつやっとしてて顔色明るくしてくれます。
今日は新作のアイシャドウも使ってもらってメイクしてもらったけど、やっぱり私にブラウンメイクはムリ。。。。
それも赤味のあるブラウンなんて使ったら、アウト。
やってくれたMAさんには悪いが、両目ものもらいですか?な仕上がり。とほほ。。
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-23 21:47 | メイク
風邪っぴき〜
a0036674_2116045.jpg

今月に入って、喉の痛み→咳→鼻水・鼻づまりと週毎に変化する風邪の症状。
もう1ヶ月近くだよ〜〜。ひーん。
熱が出ないとこをみると、はやりのインフル君ではなさそうだし、
そもそも最近、風邪で病院行っても注射うってくれないので
病院には行きたくないの。
お医者さんがめちゃくちゃ男前とかでない限り、お話だけしてはいおしまいは勘弁よお。
今回は近所の薬局で済ませると心に決め、はや1ヶ月。
随分、薬代かかってる気がする。。。

今月はコスメどころではなく、はっきりいって薬漬け。
いろいろ試してみたけど、パイロンαってやつが効いたっぽい。
初めて買ってみたけど、私のがんこな咳がとまりました。
今日からぼちぼち復活いたします〜。
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-22 21:29
バーチャルネイル!
常日頃、爪には悩み多き日々を過ごしてきたかとりーぬ。
とにかく折れやすい。
がんばって伸していても、ふと気が付くと、伸ばしてた部分が1本だけなくなってる。
なんかスポーツ刈の頭のような意にそぐわない爪の形になってたりすることが多かったのよね。
「伸ばしては、スポーツ刈」、これのくり返しをしておりました。
そんな私の目に止まったのが、DASHING DIVAバーチャルネイル
心強いことに、negi'choiceのnegiさんが先に体験されていたので
かとりーぬも安心してチャレンジできました。
negiさんのドキドキ付け爪初体験。にTB〜♪

negiさんの記事を読んだ時点で、ガールズナイトの木曜日にそそくさと予約を入れておきました。
予約した19時30分にお店に行ってみたところ、お店は満席状態。
お待ちしてましたとカルテを渡され、記入後施術スタート。
行程はnegiさんとこにあるとおり。
a0036674_2182089.jpgnegiさんのと違ったのは、自爪をあまり短くカットされなかったことくらいかな。
初ネイルサロンで甘皮押しも初めて、ちと痛かったけど自分のサイズにあったチップをつけてもらった頃には、もうすでに自分の爪状態。
バーチャルとはよく言ったもので、ほんとに違和感ゼロ。もう違和感ないの?と担当の人に驚かれたくらい。さすがに225種類もあれば自分にあったサイズが見つかりますね〜。普通のチップをつけたことがある人なら、なおさら、このバーチャルネイルの違和感のなさがわかるとか。

a0036674_2110019.jpg今日はネイルの色やデザインに関してなんにも考えてなくて、とりあえず初めてなのでなんにでも合うようにとのことで、ごくごくうすーいピンクに細かいラメをのせてもらってプラスフレンチでお願いしました。


よくよく考えてみたら、私の場合、a0036674_2223669.jpg爪がヒョウ柄だろうがゼブラ柄だろうがお仕事的にも特に問題はないんだった。。んじゃ、次回からはもっと遊びましょーと担当さんもノリノリ。2週間以内には一端OFFしないといけないらしく、でもOFFして再度またつけるってことは可能とのことなので、とりあえず10日くらいはこの状態を楽しん、その後バージョンアップするつもり。爪としての違和感はちっともないけど、キッチンにはいろんなタイプの手袋が装備されました。(笑)


ネイルをやってもらってカクテル飲みつつ、SATCをご鑑賞。
所要時間はやるネイルの種類によって違うとは思うけど、
乾燥まで入れると大体1時間半〜2時間てとこでしょうか。
帰る際は、なるべく爪は触らないようにと、担当さんがコートも着せてくれるし、
バックもかけてくれました。表面は乾いてるけど、いわゆる“半熟”状態。
とりあえず、今やっとくことがあったらお手伝いしておきますってことだったので
帰りの電車代をお財布からだしてもらって、子供のように小銭を手に帰りました。
なんでもやってもらうということにすっかり味をしめたかとりーぬ、帰るなり、ブーツ脱がせろ、コートのボタンとれと女王様っぷりを発揮。
そんな私に浴びせられた相手の第一声は、「プラモデルくさい…。」だったりする。。。
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-11 23:42 | プラスα
モナコの小澤!
世界の小澤こと小澤征爾さんが世界的なマエストロであるならば、こちらのコスメはさしずめモナコの小澤といったところでしょうか。
昨年末私が新たに出会ったコスメ、ジョゼ・アイゼンベルグa0036674_22475418.jpgスイスの研究所やイタリアの大学と提携し、数十年かけて研究・開発されたフランスはモナコ公国のブランドらしいです。
このブランドすべの商品に「トリオモレキュール」って成分が入ってるらしく、お肌の細胞をオーケストラにみたてると、このトリオモレキュールという天才的コンダクターが指揮することでお肌全体が美しいハーモニーを奏でるようになるとか。

ここ2ヶ月、インテンシブ・トリートメント というクリームを使ってみました。
クリームは、一見、イチゴクリーム?と思ってしまうくらい、薄いピンク色。
a0036674_2254898.jpg

よく見ると、そこに赤い粒々のようなものが入ってます。
適量手にとって伸ばしてみると、赤い粒々がはじけてクリームはますますイチゴクリーム化。
危なく、口にもっていきそーになるかとりーぬ。
香がイチゴクリームじゃなかったのでやめましたが、見た目はすごくおいしそー。
においはですね、ほとんど感じないレベルなんだけど、我が家の犬なみにクンクンやると、う〜ん、粘土?ってかんじのにおい。しつこく嗅げばの話ですがね。
塗ってみたかんじは、かなりてかっとしたかんじになります。そうそう、ナチュラビゼのダイヤモンドクリームに近いかも。
保湿力はかなりあるみたい。最近は、首にも塗り塗りしてますが、首の皮膚がもちっとしたかんじになりますよ。
刺激とかは全くなし。
数日使ってびっくりしたのが、こやつ毛穴小さくしてくれますねん。
あーんど、顔の色ムラなくなります。
いわゆるフルーツ酸のような強い刺激をまったくもたないピーリング成分が入ってるとか。
どーも効くコスメはなにかしらシゲキックスという思いこみがあるせいか、
かなり信じてなかったんだけど、モナコのマエストロはお優しいようです。
モナコって確か税金ないよなあ。
日本と違って痛みは必要ないのね。くすん。
石原都知事さんよー、カジノ構想どーなったねん。
あ、私、都民じゃなかった。。

そうそう、ジョゼ・アイゼンベルグといえば、コスメよりもストッキングの方が有名みたい。
以前、どっかで山口眞未子さんが紹介されてました。
伝線しにくく、スキンケア効果もあって、むくみ対策にもなるストッキングだとか。
う〜ん、でも1足3,780円也。1回で破れたら悲しすぎるお値段なのね。。。


ジョゼ・アイゼンベルグ インテンシブトリートメント 50ml ¥24,150
(銀座プランタンの1階にカウンターありました。)
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-06 23:38 | スキンケア(海外ブランド)
もう誰も乾かない!(かも?)
ずいぶん昔、このタイトルに似たようなドラマがありましたね〜。
かなりはまって見てましたが、かとりーぬの想い出深きシーンといえば、
やっぱり「牛乳汚いわ」シーン。
あれは、忘れられないね〜。やられたら2倍返しが信条のかとりーぬ、もっとやれ〜と山口智子にエールを送ったのを覚えています。あー、もっかい見たい♪

えっと全然関係ないお話になってしまいました。(^_^;)
今日は最近使ってるメイク下地についてでした。
冬になると空気も乾燥してるし、室内は暖房で乾燥してるしと、乾燥肌の私には痛い季節。
昔はアラブの石油王並にオイルいっぱいもってたんだけどなあ。
石油備蓄量激減、オイルショック気味のお肌になってしまいました。
この季節はなるべく乾燥から肌を守るために、ファンデもクリームタイプを使ったりしてるんだけど、やっぱり日によっては乾いてるんだよね〜。
そんなとき、雑誌で見かけたこちらに出会いました。
a0036674_2384717.jpg

アンブリオリス コンセントレイティド クリーミーローション
ローションて名前だけど、ローションではないね。質感は柔らかーいクリーム。
肌にのせてみると、するするのびて、べったりはしません。
そう、こぼれた牛乳のようにお肌に広がります。(まだ、ドラマから抜け出せずにいる。)
私はクリーム好きなので、普通のクリームに比べると物足りないくらいの感。
でも、これを使うとファンデののりがいいような気がします。
ただ、香はちょっと好き嫌いがあるかも。
私は海外の石鹸っぽい香に思えるのでとりあえずOK。つーか、もう慣れた。
あ、あと使う量や塗る場所も私の場合、気をつける必要ありです。
乾燥肌とはいえ、もともとオイリーだった私、Tゾーンは意外とオイル持ちの時もあるので、まずTゾーンに使うと崩れる。乾燥しやすいUゾーンに多めに塗るとメイクがもちます。
今年の冬は乾燥しないかも?とメイクするたび試行錯誤しながらベストな量を模索中〜。

お値段的にも2600円くらいとお手頃だし、ソニプラとかで売ってるし、手にしやすい商品ですねー。一緒にグリーンのフィラデルムの下地も売ってましたが、こっちは超乾燥肌の人にも威力を発揮するみたい。
結構な量入ってるので、かなりもちそう。SPFも入ってたら言うことないんだけどね。
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-01 23:43 | メイク