バーチャルネイル!
常日頃、爪には悩み多き日々を過ごしてきたかとりーぬ。
とにかく折れやすい。
がんばって伸していても、ふと気が付くと、伸ばしてた部分が1本だけなくなってる。
なんかスポーツ刈の頭のような意にそぐわない爪の形になってたりすることが多かったのよね。
「伸ばしては、スポーツ刈」、これのくり返しをしておりました。
そんな私の目に止まったのが、DASHING DIVAバーチャルネイル
心強いことに、negi'choiceのnegiさんが先に体験されていたので
かとりーぬも安心してチャレンジできました。
negiさんのドキドキ付け爪初体験。にTB〜♪

negiさんの記事を読んだ時点で、ガールズナイトの木曜日にそそくさと予約を入れておきました。
予約した19時30分にお店に行ってみたところ、お店は満席状態。
お待ちしてましたとカルテを渡され、記入後施術スタート。
行程はnegiさんとこにあるとおり。
a0036674_2182089.jpgnegiさんのと違ったのは、自爪をあまり短くカットされなかったことくらいかな。
初ネイルサロンで甘皮押しも初めて、ちと痛かったけど自分のサイズにあったチップをつけてもらった頃には、もうすでに自分の爪状態。
バーチャルとはよく言ったもので、ほんとに違和感ゼロ。もう違和感ないの?と担当の人に驚かれたくらい。さすがに225種類もあれば自分にあったサイズが見つかりますね〜。普通のチップをつけたことがある人なら、なおさら、このバーチャルネイルの違和感のなさがわかるとか。

a0036674_2110019.jpg今日はネイルの色やデザインに関してなんにも考えてなくて、とりあえず初めてなのでなんにでも合うようにとのことで、ごくごくうすーいピンクに細かいラメをのせてもらってプラスフレンチでお願いしました。


よくよく考えてみたら、私の場合、a0036674_2223669.jpg爪がヒョウ柄だろうがゼブラ柄だろうがお仕事的にも特に問題はないんだった。。んじゃ、次回からはもっと遊びましょーと担当さんもノリノリ。2週間以内には一端OFFしないといけないらしく、でもOFFして再度またつけるってことは可能とのことなので、とりあえず10日くらいはこの状態を楽しん、その後バージョンアップするつもり。爪としての違和感はちっともないけど、キッチンにはいろんなタイプの手袋が装備されました。(笑)


ネイルをやってもらってカクテル飲みつつ、SATCをご鑑賞。
所要時間はやるネイルの種類によって違うとは思うけど、
乾燥まで入れると大体1時間半〜2時間てとこでしょうか。
帰る際は、なるべく爪は触らないようにと、担当さんがコートも着せてくれるし、
バックもかけてくれました。表面は乾いてるけど、いわゆる“半熟”状態。
とりあえず、今やっとくことがあったらお手伝いしておきますってことだったので
帰りの電車代をお財布からだしてもらって、子供のように小銭を手に帰りました。
なんでもやってもらうということにすっかり味をしめたかとりーぬ、帰るなり、ブーツ脱がせろ、コートのボタンとれと女王様っぷりを発揮。
そんな私に浴びせられた相手の第一声は、「プラモデルくさい…。」だったりする。。。
[PR]
by catherine-haru | 2005-02-11 23:42 | プラスα
<< 風邪っぴき〜 モナコの小澤! >>